2016年03月04日

松嶋初音の怖い話 いわくつき物件

これは、女性アイドルの松嶋初音さんが体験した実話の怖い話。(松嶋初音さんとは、お笑い芸人であるエレキコミックのやついさんのお嫁さんである)

松嶋さんが、初めて一人暮らしをするとき、不動産屋に行った。

松嶋さんには霊感があり、間取り図を見ると、なんとなく「嫌な部屋」がわかるのだとか。

そこで、不動産屋の人に言ったそうだ。

「私、お化けが見えるんですよ。」

すると、不動産屋の人に、

「いわくつきの物件があるんで、そこを(そこに霊がいるかどうかを)見てもらえませんか?」

と言われ、案内された。

中を覗くと、普通の部屋だった。

嫌な感じはしなかったという。

早速靴を脱いで、中に入ろうとすると…ガタンと音がした。

「今、音しましたよね?」

「え?そうですか?」

不動産屋の人は気にならなかったようだ。

リビングに行くと、やはり普通の部屋だった。

だが、また音がした。

ガタン

今度は自分の真後ろから音が聞こえた気がした。

会話が止まる。

今度は不動産屋の人にも聞こえたようだ。

振り返りたくなかったが、勇気を振り絞って振り向いた。

すると、そこにはリクルート服を着た女の人が首を吊って揺れていた。

不動産屋の人と一緒に、逃げるように部屋を出た。

さっきまでの音は、首を吊るときの踏み台を蹴る音だったのではないか、と思ったそうだ。

その部屋が今どうなっているのかは、分からないという。

物件.jpg
【女性アイドルの最新記事】
posted by 管理人 at 10:09 | 女性アイドル