2016年09月01日

木村拓哉(キムタク)の語る怖い話「伊豆の踊子」

これは、木村拓哉さん(キムタク)が実際に体験したという怖い話。

木村さんは、伊豆の踊子という作品をやったことがある。(1993年6月14日、6月21日、テレビ東京 - 川崎 役)

これは、ロケ先で旅館に泊まったときの話らしい。

木村さんが夜一人で眠っていたら、タタタタタタタタタタタタタタタタタタタタッー、と走り回る音が聞こえたそうだ。

「あれ?まだ(共演者の)誰かが起きてて、走ってるのかな?」

と思ったという。

「明日早いのに(夜更かしして)知らねえぞ?」

と内心思っていた。

だが、その足音をよく聞くと、自分の布団の周りで走っているようなのだ。

目を開けてみると、部屋には誰もいない。

これはヤバイやつかな、と思いつつ、パッと窓を見た。

すると、窓の外には着物を着た、いがぐり頭の男の子が立っていた。

伊豆の踊子という古い時代設定のドラマの最中ということもあり、木村さんは一瞬男の子のその姿に納得してしまったそうだ。

だが、次の瞬間「えっ?」となった。

木村さんの泊まっている部屋は、川っぺリに建っている旅館の2階だった。

怖かったけれど勇気を振り絞り、立ち上がって窓を開ける木村さん。

窓の外は、ただ川が流れているだけだった。

「ああ、これは(見ちゃいけないモノを)見てしまったのかな?」

と思い、怖かったものの眠りについた。

次の日の朝。

現場に入っていったら、照明のおじさんがこう言ってきた。

「拓哉くん、昨日なんかあったかもしれんけど。これはお清めの塩やから、これ舐めてから収録しよ。」

突然、塩を貰ったそうだ。

木村さんはとても不思議だったそうだ。

「なんで分かったのだ?」と。

そして、昨日見たものをその証明のおじさんに説明すると、おじさんは「うん、さっきからずっといるもん。」と言ったという。

窓ガラス.jpg
posted by 管理人 at 01:31 | 男性俳優