2017年11月25日

忍成修吾の語る怖い話「子どもの声」

俳優の忍成修吾さんが実際に体験されたという怖い話。

あるとき、忍成さんが地元の埋立地で遊んでいると、その場にいないはずの子どもの声が聞こえてきた。

最初は「猫の声かな?」と思っていたが、どうも違う。

気持ち悪いので帰ろうとしたら、忍成さんが通る場所だけ街灯がバチバチっと点滅する。

忍成さんは当時3階に住んでいたらしいのだが、忍成さんが階を上がるたびにマンションの蛍光灯がバチバチっと点滅した。

「これはヤバイ」と思い、走って友達の車に向かった。

そして、走りながら電話で友達に伝える。

「すぐに車を出せるようにしといて。」

そのまま車に飛び乗り、霊をまこうとした。

忍成さんの考えだと、スピードがれば幽霊から逃げられると思ったそうだ。

ちなみに、この方法で実際に霊をまくことに成功し、その後は何事もなく暮らせているらしい。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

幽霊に憑りつかれて困っている方、スピードを出して幽霊を撒いてみてはいかがでしょう?笑

街灯.jpg
posted by 管理人 at 20:25 | 男性俳優