2017年04月08日

桂きん枝の語った人間の怖い話「ホステス」

これは、落語家の桂きん枝が語った話。(人志松本のゾッとする話より)

きん枝さんが若いころに実際に体験された話だという。

(よしもとの)京都花月があったころのこと。

祇園街に飲みに行き、そこのホステスと意気投合した。

そして、ホステスに「今晩、泊まりにおいで」と誘ってもらった。

きん枝さんはその日、友達と二人で泊まりに行った。

ホステスさんの女性友達もいたらしく、男女2:2で泊まったそうだ。

その日を境に、その4人で遊ぶことが何度かあったという。

さらに時間が経過し1〜2カ月経った頃、きん枝さんのもとに警察が訪ねてきた。

警察は、「この女性を知っていますか?」と写真を見せてきた。

写真に写っていたのは、そのホステスだった。

何度か遊んでいる女性だから、もちろん知っている。

きん枝さんは、その女性を知っていることを認めた上で「この女性がどうかしたんですか?」と尋ねた。

警察が言うには、その女性ホステスは客の男性からお金を借りていて、そのお金が返せなくなってしまったため客の男性を殺してしまったのだという。

警察の情報網はすごいもので、さらにきん枝さんに聞いてきた。

「あなたたちは、この時期に彼女(ホステス)の部屋に行きましたよね?」

きん枝さんは確かに、その時期に部屋に泊まりに行っていたため、それも認めた。

そして、警察が教えてくれた話を聞いて驚愕した。

なんと、ちょうどきん枝さんが彼女の部屋に行ったときに、彼女は押入れの上に死体を隠していたのだという・・・

つまり、死体の隠された部屋に泊まっていたのだ。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


これが実話だというのだから、怖すぎではないでしょうか。

A1ofLO3i_MoUrUZ1494071451_1494071489.jpg
posted by 管理人 at 15:22 | お笑い芸人