2018年05月11日

ライス関町知弘の怖い話「不気味な写真」

お笑いコンビ、ライスの関町知弘さんが語った怖い話。

15年前(メディアでこの話をした時点から15年前という意味)に関町さんのお兄さんが、実際に体験されたという話。

当時お兄さんは、埼玉の大学に合格した。

実家が東京の関町さん。

埼玉までは通うのが遠いということで、大学の近くに一人暮らしを始めたお兄さん。

無事に住むアパートも決まった。

大学に入ったばかりだったため、授業が終るとアパートにすぐ帰るという生活を送っていた。

あるときお兄さんが、アパートの郵便受けを開けると茶封筒が入っていた。

中を見てみると、人間の眼球を至近距離で撮影した写真が1枚入っていた。

気持ち悪かったが、イタズラだと思って気にしないことにする。

次の日、大学から帰ってみると同じようにまた茶封筒が届いていた。

中身はやはり眼球の写真だった。

これが3日4日と続いたものだから、気味が悪くなり大学が始まって1週間で実家に一度戻ってきてしまった。

お兄さんは自分の母親に、例の眼球の写真を見せてみた。

母親は不思議そうな顔をして写真を見ている。

そして言った。

「この目さ。あんたの目じゃない?」

その目玉はなんと、お兄さんの目玉を至近距離で撮影した写真だったのだ。

つまり、お兄さんが寝ているときに誰かが部屋に入ってきて、目をこじ開けて撮影したものなのだ。

もちろん、お兄さんは鍵もかけているし、そんなことをされれば気が付くはずだ。

それ以来、お兄さんは一人暮らしができなくなってしまったという。

sRWfvi9XD9sxrwN1480332987_1480333003.jpg
posted by 管理人 at 20:45 | お笑い芸人
2018年03月29日

ライス田所仁の怖い話「廃幼稚園」

お笑いコンビ「ライス」の田所仁さんの語る怖い話。

ちなみに、ライスはキングオブコント2016チャンピオン。

田所さんの同期(お笑いの?)から聞いた話だそうだ。

同期の方が小学生のころ。

小学校の近くにもう廃園になった幼稚園があった。

その幼稚園のピアノのある音楽室で、先生が首を吊って自殺したみたいなよくある怪談話が噂されていた。

同期の方は「じゃあ何人かで行ってみようか?」という話になる。

懐中電灯を持ち男子数名で集まって、夜の幼稚園に行ってみることにした。

幼稚園の造りは1階建ての長い建物だった。

廊下が一本ずっと繋がっていて、廊下の左側が窓、右側が教室になっている。

一番奥に、例の音楽室があった。

男子たちは懐中電灯を持って中を探索したが、何も起きなかった。

音楽室まで行ってみると、音楽室の横に下に降りる階段があった。

男子たちの誰かが言う。

「下、降りてみようよ。」

でもなんだか気が乗らない。

ちょっと気味が悪いのだ。

下に降りるのはやめることにした。

そのときに一人の男子が、窓の外を見て「わっ」と声を上げた。

窓の外を見るとボールみたいなのが浮いていて、回転していた。

よく見るとそれはボールではなく、人の頭だった。

これはやばいということになり、みんなで走って逃げだした。

次の日、学校でこの話をしてみたが、多くの子たちは「嘘つけよ」という反応だった。

昨日廃幼稚園に行った男子たちは「嘘だと思うなら、見にいけよ」と返事をする。

するとクラスの一人の男子が、「おお、いいよ。俺が行ってやるよ。」と強気な態度に出た。

ただその男子もさすがに夜中に行くのは気が引けたようで、昼間に一人で行ってみることにした。

さらに翌日の学校で、この話題になる。

一人で行ってきた男子が、「見てきたよ」と報告してきた。

みんなが「なんかあった?」と尋ねると、「結局なんもなかったよ」という答えだった。

その男子は続けた。

「ただお前らが言ってたのと、一個だけ違うところがあんだよ。」

「え?なに?」

「下に降りる階段なんて、なかったよ。」

そして、よくよく思い出してみるとおかしなことがあることに気が付いた。

あの晩、階段を見つけたときに「下に降りようよ」と言った奴が誰だかわからないのだ…

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

これは本当の話らしい。

MEDVicQiEYGghHL1480277124_1480277138.jpg
posted by 管理人 at 21:02 | お笑い芸人
2017年11月03日

ケンドーコバヤシの怖い話「ハンガー」

これは、ケンドーコバヤシさんが「ニケツ(千原ジュニアさんとのトーク番組)」にて語った怖い話。

ケンドーコバヤシさんは、人生で一度だけポルターガイスト現象を体験したそうだ。

それは宿泊先のホテルで起きた。

そのホテルには、長いこと滞在していたが、不思議なことは一度も起きなかったという。

だが、あるとき壁のフックに掛けていたハンガーが勝手に床に落ちたのだ。

地震でもなく、手が触れるなどの刺激があったわけでもないのにハンガーが床に落ちるなんて気味が悪い。

でも、不思議な現象はそれだけじゃなかったのだ。

床に落ちたはずのハンガーが、ケンドーさんの目の前で勝手に元に位置に戻ったというのだ。

突然、ハンガーが床に落ちたと思ったら、すぐに元の位置まで戻る、これはどう考えてもおかしい。

ケンドーさんも落ちるだけなら、まだ理解できたという。

でも落ちたものが元通りになるのは、物理の法則に反している。

あまりのことに怖くなったケンドーさんは、「おばけなんてないさ」を口ずさみ恐怖を紛らわせようと努力したそうだ。

ちなみに、「おばけなんてないさ」は以下の童謡である。



〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


ポルターガイストを目の当たりにし、対策としてとった行動が、「おばけなんてないさ」を口ずさむなんて、幼稚園児みたいで面白いと思ってしまうのは私だけでしょうか?笑

QY1ICrdVoyo7gYH1509703830_1509703852.jpg
posted by 管理人 at 19:15 | お笑い芸人