2017年06月03日

青田典子の怖い話「こっくりさんと金縛りと幽体離脱」

これは、青田典子さん(元C.C.ガールズであり、2016年現在は玉置浩二さんとご結婚をされている)が実際に体験されたという怖い話。

青田さんが、中1〜中2くらいのころのことだという。

友達との遊びで、コックリさんをやっていた。

コックリさんの最後は、10円玉を神社に帰ってもらい終了となるのだが、その日は帰ってくれない。

そして、10円玉は暴走すように動き出す。

「と・も・だ・ち・に・な・り・た・い」

10円玉は、何度も何度もこの文字を往復する。

「友達になりたい」と、何かが言ってきているのだ。

その日の夜、青田さんは人生で初めての金縛りを経験したという。

しかも、それだけではなかった。

体が天井辺りまで浮かび、回り始めたそうだ。

大人になった後も、そのときの恐怖を忘れることはないという。

・・・20歳を過ぎてから、青田さん港区の女性用マンションに住み始めた。

とても綺麗なマンションだったが、なぜか違和感を感じて部屋に帰りたくなかった。

ある日のこと、青田さんはテレビをつけたまま眠ってしまっていた。

突然、異常な息苦しさに目を覚ました。

だが体は動かない。

金縛りだ。

何とか目線を動かすと、お腹の上に男が乗っていた。

助けをを呼びたくても声が出ない。

その男は、首を絞めてきた。

何かを訴えてきているのだが、聞き取ることができない。

やっとのことで叫び声をあげることができて、金縛りは解けたそうだ。

だがその後、毎日金縛りに苦しめられることになってしまう。

しばらく経ち、霊感の強い友達が部屋に遊びに来た。

すると、その友達は青田さんがいつも食事している場所を指さして、「3人の子どもたちが、食事を待ってるよ」と言われた。

なんでも、霊が5体いるそうで家族みたいになってしまっているという。

その日のうちに、友達にお祓いをしてもらい効果があったのか不思議な現象は収まったそうだ。

青田さんは、半年後にその部屋を引き払った。

マンション.jpg
posted by 管理人 at 02:26 | 女優
2016年11月29日

渡辺典子の怖い話「色情霊に襲われた」

これは、女優の渡辺典子さんが体験されたという怖い話。

渡辺さんが、仕事でホテルに泊まった夜に、やけに上の階がうるさかった。

足音が響いてとても気になる。

渡辺さんはたまらずマネージャーに部屋に来てもらった。

「上の階で人が走ったりして、音がうるさいんですよ。」

と伝えると、マネージャーは不思議そうに答えた。

「ここ、最上階ですけど。」

「え…?そんな…じゃあ…上の階じゃないのかしら?」

「今のところ静かなようですから、また何かあったら呼んでください。」

マネージャーは自分の部屋に帰っていった。

その後、渡辺さんは電気を消して眠りについた。

眠りにつきしばらくすると、誰かが自分の脚を触っていることに気が付いた。

ハッと目を覚まし、周りを見るが誰もいない。

横になり目を閉じると、今度は誰かが渡辺さんの顔を撫でてきた。

周りを見てもやはり誰もいない。

また眠りにつきしばらくすると、今度は誰かが胸を直に揉んでいる。

もう我慢の限界になり、明かりをつけてマネージャーの部屋に電話をして来てもらった。

そして、ホテルの従業員に頼み部屋を変えてもらうことになった。

部屋を変えてもらうとおかしなことはなくなったという。

渡辺さんは、幽霊に体を触られたというのを、恥ずかしくてなかなか人には言えなかったそうだ。

wsJ2W5o3GjSVop61478875279_1478875292.jpg
posted by 管理人 at 22:57 | 女優
2016年08月19日

森公美子が実体験した怖い話の実話

これは、森公美子が実体験したという本当にあった怖い話。

その日は、ゴルフの帰りだった。

朝早くから出かけていたため、車に乗っているみんなが疲れていたそうだ。

車には4人乗っていた。

森さん、森さんの男友達、東京に住む夫婦の4人だ。

カーナビの調子が悪いのか、車はどんどん山に向かっていた。

ゴルフから帰っているのだから、山に向かうのは明らかにおかしかったが、地理が分からないためナビに従うしかなかった。

気が付くと、全く知らない場所にいたそうだ。

ナビを入れ直そうとしていると、乗っていた男性二人が面白がり出し、車を降りてしまった。

森さんは嫌な予感がして、二人を止めたという。

だが、男性二人は面白がって山に向かって歩き出している。

仕方がないから、森さんともう一人女性(夫婦の奥さん)も後を追いかける。

すると、突然奥さんが苦しみだした。

奥さんが苦しみだすと、辺りは急に暗くなってきた。

山は日が暮れるのが早いらしい。

奥さんが苦しんでいると、どこからか「お前の女貰ったぞ」という声が聞こえてきた。

森さんは「誰?誰?」と少しパニック状態だ。

急いで、車に戻ることにした。

奥さんを後部座席に乗せ、男性二人も遅れて車に乗った。

森さんは男性二人に文句を言った。

「なんで奥さんが苦しがってるのに、早く降りてこないんだ。」

すると、男性は答える。

「そんなことないよ。奥さんずっと笑ってたよ。」

奥さんは、苦しい苦しい言いながらも途中から笑っていたそうだ。

気持ち悪いからその場をすぐに離れたかった。

車をしばらく走らせると、ガソリンスタンドが見えた。

ガソリンスタンドで店員さんに道を聞いた。

すると、店員さんは答える。

「どこから来たの?あんたたち?」

「道に迷ってしまって。峠の向こう側から来ました。」

「なんで峠に行ったの?何で行ったかな・・・?」

そう言いながら、店員さんはスーッと歩いて行ってしまった。

森さんは、ふとライトをオンにした。

すると、そのガソリンスタンドはクローズだった。

ボウボウと雑草が生い茂っていたという。

後から分かったことだが、そのガソリンスタンドにある電話ボックス内で、女性が焼身自殺している場所だったそうだ。

ガソリンスタンド.jpg
posted by 管理人 at 20:45 | 女優